海外旅行初心者でも行ける! 【オーストラリア旅行】  おすすめまとめ
バツイチにゃん吉の
七転び八起きチャレンジ
あなたの日常を非日常に変えてゆく!!
英語

初めて英語でのプレゼン大会に出てみた【英会話スクール開催】

英語でプレゼンをするシチュエーション、憧れていましたがこんなにも早く機会が訪れるとは思いませんでした。

突然、その時は来ました。

2018年5月に英会話スクールを卒業したのですが、そのあともイベントの連絡は2ヵ月に1度ぐらいメールがありました。

そのメールの中で、【プレゼン大会のお知らせ】なる件名のメールが来ていました。

メールが来たのが2018年8月24日のことです。

内容というと、

『8月28日までに参加意思のあるやつは何についてプレゼンするか送ってこい、参加人数が多かったら総合的に判断する』

というものでした。

正直、スクールを卒業後、英語の勉強をさぼり気味になりつつあったのでこれはいいきっかけになると思い、『オーストラリア シドニーの観光地やグルメについて初心者向けにプレゼンします』と返信しました。

まあ、通ればラッキーぐらいのつもりで。

8月29日、メールが返ってきました。

『プレゼン大会についてですが、ぜひ発表者としての参加をお願いします!』

おいおい、まじかよ、、、選ばれちゃったよ(; ・`д・´)

初めての英語でのプレゼンで不安だらけでしたが、ここからどんな順番でプレゼンの準備を進めていき、どんな練習をして、発表に至ったかを書いていきたいと思います。

ちなみに、先に結果から言いますと、、、

はい、なんと優勝という栄冠をいただきました!!

初参加、優勝という一見すごそうなイメージがありますが、なにもすごいことはしていないのでそれも踏まえて書いていきます。

プレゼン大会の参加者・ルール・採点方法

参加者

まず最初にプレゼン大会の参加者について説明します。

大きくわけて2つです。

  1. 発表者
  2. 聞き手 兼 採点者

発表者については、英会話スクールの現受講者、そして卒業生へ一斉にメールが送られ、募集がありました。

自分から発表したいと意志表示した人が発表者に選ばれています。

続いて、聞き手も同じく希望する現受講者・卒業生に加え、受講生の英語勉強法を1年間指南してくれるコンサルタントやネイティヴスピーカーの先生が参加しました。

 

ルール・採点方法

プレゼンについてはもちろん英語で、何も見ずに話します。

いままでノートにメモって発表しかしたことなかったのでこれは大きな違いでした。

ルールは以下の通りです。

  • 何も見ずに話す
  • 発表時間 4分(英語)
  • 質疑応答 6分(英語)

ルールはシンプルにこれだけで、一番良かった人に聞き手が投票します。

英語プレゼンの準備

ここからは実際にどんな風に準備していったかをお話しします。

①スピーチする内容を決める

話すテーマは【オーストラリア、シドニーの観光地とグルメについて】と事前に送っていたのでここから何を話すか考えました。

6月に旅行に行ったばかりだったので自分のブログと写真を見ながら絞っていきました。

あわせて読みたい
海外旅行初心者でも行ける! 【オーストラリア旅行】  おすすめまとめ海外旅行、初心者のあなた! 私も6年ぶりに海外に行ったので似たようなもんですよ(°▽°) この記事は2018年6月13日〜6月2...

観光地としては、動物園&水族館、シドニータワー、オペラハウス、ブルーマウンテン国立公園、この4つを選びました。

グルメはオーストラリアで複数回食べた、ステーキを選びました。

ここは、実体験をベースにしているので話しやすいものが良いと思います。

②実際にノートに書き出す

何について、書くか決めたらあとは実際に文章に起こしていきました。

どんな風に書くかですが、今回は以下のような順番で書きました。

正直、初めてなのでわからないことだらけなのでTEDトークや、ちょうどゾゾタウンの社長、前澤友作氏が宇宙旅行の発表の際、英語でスピーチしていたので参考にしました。

  1. あいさつ
  2. 何について話すか
  3. 実際の内容
  4. 結論

この4パートにわけて書いていきました。

以前、7月に英会話スクールの卒業パーティーがあり、ノートを3ページほど読んだら5分ぐらいかかったので、今回は2ページ半ぐらいを目安に書こうと思いました。

実際に書いたノートはこんな感じです。

これだけ、2ページ半の原稿を書くだけで約3時間ぐらいかかりました。

 

③文章を書く時に意識したこと

まず、聞き手がどんな人かをイメージしました。

  • 英会話スクール受講生(スクール入学後、1年以内)
  • 卒業生(スクール入学後、1年以上)
  • コンサルタント
  • ネイティヴスピーカー

今回のプレゼン大会は受講生や卒業生が聞き手の多くを占める、かつ受講生は私と同じく初めて英会話を習ったという人も多いと思い、難しい単語や文法は使っていません。

そもそも、私自身が使い慣れていない単語や文法をノートを見ずに話すことが困難なため、簡単な文章で書いていきました。

 

④プレゼンの練習方法 7段階

実際に原稿ができたあと、どんな風に練習したか説明します。

  1. ノートを見ながら読む →5回~10回ぐらい
  2. ノートを見ながら読み、iPhoneのボイスメモで録音する →時間も測れる
  3. 自分のボイスメモを使って、シャドーイングをおこなう
  4. 文章全体を7つのパートにわけて1つずつ暗記、発音する →4~5回
  5. 通して発音をする →10回ぐらい
  6. 通して発音し、iPhoneのボイスメモで再度録音する →時間を測る
  7. 文章の内容を時間に合わせて調整(今回はどんぴしゃで3分ちょいでした)

この7段階で話すとき、意識したのはゆっくり大きな声で話すことです。

日本語のスピーチでもそうですが、緊張すると早口になりがちです。

今回、英語でのスピーチということもあり、たぶん緊張すると何を話すか忘れると思いひたすら反復練習しました。

そして、ゆっくり話す方が受講生が聞き取りやすいと考えました。

 

人前で話すのが苦手な人へ

私の場合、人前で話すのが好きなのでそんなに抵抗はなかったのですが、苦手な人もいると思います。

私も、スクール卒業後は英語のアウトプットができていなかったので、はぴログを使って練習しました。

はぴログが何かというと、ツイッターで #はぴログ を付けて、自分の英語で話した動画を投稿するというものです。

正直、1発目はめっちゃ恥ずかしかったです。

誰が見ているかわからない、発音を指摘されたらどうしようとか思うこともありました。

https://twitter.com/futa_1983/status/1039208801050681344

 

結果からいうと、否定は一切なく応援をたくさんいただきました。

このとき思ったんです、むしろ発音間違いとかあれば指摘してもらった方がありがたいと。

ここからは、ちょくちょくはぴログ投稿していきました。

もし良かったら、ツイッター上で  @futa_1983  #はぴログ  で検索してみてください。

私の投稿がいくつかでてきます。

そして、投稿を見ると安心すると思います。

「あー、このレベルかー」と。(^^)/

プレゼン原稿(興味がある人だけ見てね☆)

下記に実際に発表した内容を記載します、そんなに難しい単語や文法は使っていないので良かったら読んでみてください。

スピーカーとして、司会のマトバさんという方に呼び出しを受けてからのスタートとなります。

Thank you,Mr Matoba.

Hello,everyone. My name is Futa Kanda,You can call me FT or Futa.

Today,I’d like to talk about Sydney for beginners.

I’ll be focusing on two parts:4 tourist spots and the gourmet.

Let’s start by the tourist spots.

First Sydney has a big zoo and aquarium in Darling Harbor area.

Wild Life Sydney and Sea Life Sydney,these two are rare animals and fish.

Kangaroo,Koala,Wallaby,big crocodaile,and fish living in the Great Barrier Reef.

We can  have experience not seen in Japan.

Next is Sydney Tower to introduce. It is the 2nd highest tower in the Southern Hemisphere.

Here you can see the best view of Sydney,and you can know the history of Sydney by video.

The third sightseeing spot is the Opera House.

The building is very famous and symbol of Sydney.

I heard the viorin concert here. Do you know Anne Zofthy Mutter?

She is one of the most famous viorinists in the world. I had a very valuable experience there.

The last sightseeing spot is Blue Moutains National park. It is one of the most popular places in Australia.

It’s a very large national park and it’s also registered as a World Heritage Site.

I knew the extent of the world here.

Please try to imagine.

Forest continues to the horizon. Sound is only wind. The heart is moved.

Let’ move on to the next topic.

I’d like to recommend a steak with Australian gourmet.

Bake a big steak on your own. A very thick steak.

I failed to bake,but it was very tasty.

In conclusion,I would like to say is you had better go to Sydney once.

A valuable experience is there waiting for you.

I like Sydney,thank you!!

練習では3分ちょいでしたが、本番、ちょっとゆっくり話しすぎて実際には4分ぎりぎりまで時間はかかりました。

プレゼン本番 評価されたこと

全5名の発表者がスピーチを終えたあと、各自にネイティヴスピーカーの先生からフィードバックがあります。

評価されたことは、

  • 声が大きく話し方が堂々としている
  • 楽しそうにスピーチをする
  • 結果、聴衆が引き込まれるスピーチになる

と、いうものでした。

 

まとめ 英語でのプレゼンを終えて思うこと

 

私は2017年5月に34歳で英会話をスタートしました。

スタート当時、YES・NO、自分の名前しか言えなかった自分が英語のプレゼンで優勝できたことは大きな自信になりました。

2018年5月、ちょうど1年で卒業するプランだったので卒業してすぐの6月、自分の英語力を試しにオーストラリアに行ったことが今回のプレゼンにつながっています。

英語を勉強していく中で気付いたことがあるのですが、

  1. 英語のネイティヴスピーカーは実はそんなに多くない
  2. 第2外国語で英語を勉強している外国人が一番多い
  3. 文法や単語の使い方・発音など、100%合ってる外国人はいない

この3点に気付いたとき、恥ずかしさはなくなりました。

むしろ、間違っていても堂々と話していれば伝わることを海外で実感しました。

テレビで出川イングリッシュが通じているのが良い例だと思います。

英会話スクールに通っているとき、ロビーのみんながいる場所でいつも大きな声でシャドーイングの練習をしていました。

ネイティヴの先生やコンサルタントの人が頻繁に横を通るので発音など間違っていたら教えてもらえるんです。

でも、他の人は後にも先にも同じことをやったことはいないそうです。

そう、みんな間違えを指摘されるのが恥ずかしいんです。

大丈夫ですよ! 間違えをなおすためにスクール行ってるんですから!!

言ってもらった方が得ですよ!!!っていうスピーチをスクールに通っている時に英語でしたら拍手喝采でした。

でも、いまだにやってる人はいないんです。

もし、今から英語を勉強する人がいましたらぜひ恥ずかしがらずに堂々と話しましょう! 練習しましょう!!

恥ずかしがる時間がもったいないですよ(^^♪

あと、「もうすでに英語を勉強するには年を取った」・「きっともうすぐ英語の翻訳機とかテクノロジーの進化で出るやろ」って思っている人へ。

なにごとも始めるのに遅すぎることはないですよ!!

そして、テクノロジーが進んでも会話のニュアンスをその場で時間差なく翻訳できるようになるのは全然先の話しですよ!!

最後に、英語はあくまでコミュニケーションのツールです。

海外の人と会話が通じた瞬間、とても嬉しいですよ☆

楽しんで学習していきましょう(^_-)-☆

 

このブログ記事が英語学習のきっかけになれたらいーなーと思います。

Thank you!!

あわせて読みたい
オーストラリア旅行 絶景ブルーマウンテンへの旅世界遺産ブルーマウンテン こんにちは、バツイチにゃん吉です! オーストラリア旅行2日目、世界遺産であるブルーマウンテンに行ってみまし...

 

バツイチにゃん吉に興味を持ってもらえたならプロフィールを覗きにきてください☆

あわせて読みたい
バツイチにゃん吉のプロフィール『初めまして、バツイチにゃん吉です!!』 2018年5月8日からブログを始めました。 少しでもワタシのことを知っていただ...

ツイッターのフォローもよろしくお願いします☆    

記事の更新発信もしていきます(^^♪